気をつけたい自律神経失調症とは

自律神経が乱れると、健康にはあまりよくありません。交感と副交感がバランスするように心がけます。

健康のために自律神経のバランスを保つ

仕事をしているときは活動的です。頭の回転もどんどん回って、行動もすぐ取れます。でも寝る直前になると全く違う状態になります。体が次第に眠気を帯びてくるようになります。そしてふとんにはいると一気に眠りに就くことができます。同じ人でもこのような違いがあるのです。もし昼に夜のようなことになると、眠くて仕事が出来ないことになるかも知れません。夜に活動的になると、ぜんぜん眠気がせずに、眠れないことが出てくるかもしれません。

目には見ることはできないのですが、自律神経があるとされています。こちらに関しては、特殊な機械を使って、今どのような状態になっているかを調べることが出来ます。そのとき、2種類調べるのが一般的です。交感と副交感といわれるものです。どのような状態が健康的かですが、それらがバランスしている状態です。活動的なときは交感のほうが優位になっていて、リラックスしたり眠っているときに副交感タイプが優位になることがあります。

安静した状態において、どちらも強くないバランスした状態になっていれば、体調もよい状態を保つことが出来るとされています。生活の中で、どちらかの状態が優位になりすぎていることが多いと、あまりよいとはいえないようです。そのとき、意識的にコントロールする方法を知っておくと良いことがあります。その一つとして呼吸があります。腹式呼吸をすることによって、興奮状態を落ち着けてくれることがあります。バランスが取れるようになります。

Copyright 2017 気をつけたい自律神経失調症とは All Rights Reserved.