気をつけたい自律神経失調症とは

鎖骨の神経と肩甲骨が痛くなり手の親指と人差し指が痺れた。健康でいる為には腕に筋肉をつけて下さいと言われました。

最近鎖骨の神経と肩甲骨の辺が痛く健康を害しました。

最近近所の接骨院に行きました。なぜなら首から背中肩甲骨にかけていたくなり鎖骨の部分の神経みたいなところがピッと痛くなりました。おまけに親指とひとさし指の第一関節が痺れてる様になったからです。以前にも同じ症状が出てアメリカで追跡調査というのをしました。原因は首から来てると言われました。最近日本に帰国してから陶芸をはじめ轆轤を回す時にいつも下を向いてるせかなとも思いました。あまり気にしないようにしてストレッチや散歩などを心がけました。しかし数日前朝起きた時の背中の痛みが半端では無く思わず接骨医院に行きました。やはり方の辺の神経が良く無いのと背中がカッチカッチだと言われました。これはただの肩こりではありませんとも言われました。もっと早く来なさいと言われてしまいました。背中の痛みは身体全体に影響します。

健康を維持するのは年齢を重ねるとともに難しくなります。今回は首のストレッチがかえって神経を刺激してしまったようです。回していいのは腕だけと言われました。そして枕は普段した事がなかったのですが正しい枕の高さと使い方を教えていただいたら次の日だいぶ背中が楽でした。不思議ですね。ほんの些細なアドバイスで神経の方も大分よくなりました。しかし当分は電気をあてに通うことになりました。もうひとつ大切なことは筋肉をつけなさいと言われました。筋肉は健康であるために絶対必要だそうです。健康で元気でまだまだ人生を楽しみたいので頑張ります。

Copyright 2017 気をつけたい自律神経失調症とは All Rights Reserved.