気をつけたい自律神経失調症とは

たいがいのストレスは神経質な性格や神経の使い過ぎによるものが、健康を害する大半を占めます。その対処法です。

神経質な性格と健康の関係

健康とストレスは密接に関係しています。神経質な人に何事も気にするなと言っても、どだい無理な話です。まず簡単にできる神経を和らげる方法はアロマですね。もちろんアロマを炊くだけではなく、吸入したり市販の植物性の無香料のクリーム30グラムに精油を滴数分ブレンドしたり、湿布をしたりパックなどアロマだけでも奥が深いです。リラックスだけみても沢山あるので用途に分けて使います。今は100円均一でもありますが効果のほどは、私の感想ではお勧めしません。もちろん値段が高ければいいと言うわけでもありませんが…リラックスと言えば質の良い睡眠も欠かせません。そして睡眠の長さより目覚めのスッキリ感が質のバロメータです。長く寝てもグッスリ眠れなかったらスッキリ感はありません。スッキリ感がなければ質を考えなければならないでしょう。ここですぐに○○枕と言う人がいますが、お金をかけないなら座布団を二つ折りにした、高さがもっとも適した高さだそうですよ。

それからストレスを溜めてから○○すると言うより、それよりも素晴らしい方法はストレスを無くす事はできないので、ストレス発散法を常に準備しておく事ですね。ただしここでストレス発散にお酒は頭の回転速度をドン…と落とすだけであたかもリラックスしているように錯覚しているといってもいいでしょう。これは脳機能学者が言ってる事ですので、ベロベロにまで酔うのは身体にも良くないのでやめた方がいいでしょう。タバコのリラックスは完全にウソですのでやめましょう。タバコは気持ちが落ち着くのではなくタバコを吸うと快感ホルモンのドーパミンが出なくなり逆にイライラするのです。そして煙を吸う事で、深呼吸の状態になりあたかもリラックスしているように錯覚するのです。そして人は自分の好きな事をする自由な時間を過ごす時が、ストレス発散になるようです。やはりリクリエーションは必須うですね。あとはストレスがきても柳の枝のように風に身を任す精神修行ですかねぇ…。

Copyright 2017 気をつけたい自律神経失調症とは All Rights Reserved.